グループウェアの便利機能

グループウェアには多数の機能がありますが中でも特に便利と評価されている機能が3つあります。
1つ目はスケジュール機能です。
月、日、年ごとに自由に自分のスケジュールを記入できますが、これらのスケジュールを共有する機能があります。スケジュールの共有機能は部署単位など公開する範囲を制限することも可能であり、一緒に動くメンバーを皆に知らせることもでき社員の動きを理解しやすいと好評です。


また、Googleなどの外部のスケジュールシステムとの連動機能も用意されていることが多く、私物のPCで確認ができたり、データの修正ができるシステムもあります。



2つ目はメール機能です。

グループウェアといえばメール機能からスタートしたと言っても良いほど長く利用されている機能です。もともとはインターネットのメールを利用していない企業などが回覧板や掲示板代わりに利用していたとも言われていますが、現在では多くのグループウェアが外部のメールアドレスと連動して動作できるようになっています。

また、HTMLメールにも対応することでメールの表現力が向上しているのも好評です。



3つ目はファイル共有機能です。

ワード文書などで会議の資料を配布するケースが多いですが、メールでの配布はメールサーバに負担をかけます。

産経ニュースの情報を今すぐ確認できます。

そのため、グループウェアではファイルを共有する、配布するメンバーを指定することができるようになっています。

配布するメンバーを制限できるのでセキュリティ面でも評価されています。