家族や趣味の集まりでもグループウェアを

かつては、グループウェアといえば会社で使うものでしたが、クラウドとモバイルの普及によって、仕事ではないグループでもだいぶグループウェアが使いやすくなりました。


また、2000年以前に作られた趣味の集まりや活動のグループでは、メーリングリストを使用していることが多かったりしますが、当時からはだいぶレンタルサーバーの価格も変わってきているので、グループウェアへの乗り換えとともにサーバーやホームページ、メーリングリストの構成を見直すと、意外とコストが下げられたりもします。



その際の選択肢として、今までメーリングリストで行っていた連絡をグループウェアに切り替えることを検討してするのもよいでしょう。


そういった場合には、旧来からあるグループウェアだと会社での使用を想定した作りになっていて、不必要な機能が多いと感じるかもしれません。

FC2まとめの情報を今すぐ確認できます。

その場合は、タスク管理ソフト(サービス)やスケジュール管理ソフト(サービス)で共有機能があるものを必要に応じていくつか選ぶと使いやすいでしょう。

タスク管理サービスやスケジュール管理管理サービスはクラウドのものを選ぶと、パソコンでもスマートフォンでもデータが同期して便利です。



パソコンで追加や修正してもあとでスマートフォンで見ることができますし、逆もできます。

タスク管理サービスやスケジュール管理管理サービスは、もともと個人で使用する用途で作られたものに共有機能が追加されているタイプのものと、最初から複数人で共有して使う前提で作られたものがあります。
前者のほうが単機能としてはかゆいところに手が届く作りになっているものが多いですが、共有機能としては簡易なものしかない場合もあります。

使用する目的や好みに合わせて、色々と試してみるのがよいでしょう。