グループウェアの導入

グループウェアは特に企業にとって会社の中でのコミュニケーションの増大、情報共有の効率化を果たすために必須とも言えるツールの1つです。そのため、各社でさまざまなグループウェアを導入しているのですが、うまくいく場合とまったく利用されずに失敗してしまう場合とがあるようです。

使われなくなる理由としては主に2つあります。
1点目は使いづらいことです。

産経ニュースってとにかくお勧めなんです。

毎日使わなくてはならないツールになりますが、グループウェアごとにUIはバラバラであり、社員が使いやすいと感じるグループウェアとは限りません。その場合、さまざまな方策を取るわけですが、可能であれば試用期間を設けてサンプル的に利用してもらうのが理想的です。


とくに複数の会社のシステムを利用してみることで使い勝手についてかなりの確率で社員への受け入れ度がわかります。

2つ目はそもそも必要性を感じていない場合です。



グループウェアは便利なツールですが、それまでの個人個人でのツール選定とは違って会社側から押し付ける形になりますので使い勝手の良さ、機能面をしっかり提示することが大事です。

特に使える機能についてはよくトレーニングをする必要があります。また、利用にあたっては上層部がしっかり利用することで全社での利用に繋がると期待されています。



機能面でも選択式になるケースが多いですが、可能な限り最低限利用して欲しい機能については必須項目とすること、また、アドバイザーの設置などが重要になります。